MENU

間取りはなるべくコンパクトにする

 

間取りは「コンパクト」さを意識していきましょう。
建物は大きくなればなるほど、その分費用も上がってくるのです。そのため、複雑な廊下やデッドスペースなどはあまり作らないようにした方が良いでしょう。

 

最初のうちは建物の形を長方形として、洗面室や浴室などの水周りはひとつで考えます。
キッチンカウンタースペースやリビング階段を採用するということも床面積や機能性を削減することができるプランニングの一つとなります。
最近はスキップフロアのような「立体構造」とすることによって狭小地とかでも広く使うことができるようなプランニングも人気となっています。

 

設計担当者に具体的な要望を伝えよう

 

いくらステキでデザイン性が高い注文住宅でも、住んでいる人のライフスタイルに合っていなかったら、その人にとって実際良い住宅とは言えません。
なので、住み心地を左右してしまう「間取り」のプランニングはとても悩みどころとなります。

 

一般的にはプロの設計士が、建主の要望や敷地について最適なプランを提案してくれるため、専門的な建築の知識を建主は持っている必要はありません。

 

ですが、担当の設計者というのは実際どれくらい私達(建主)の要望を理解しているのでしょうか?

 

家族のライフスタイルに合った注文住宅を建ててもらえるように、さまざまな理想や要望を設計担当者に伝えましょう。

関連ページ

その2「始めは小さな空間は考えない」
東京都で注文住宅を建てるときに押さえておくと良いポイントをまとめたサイトです。数あるハウスメーカーや工務店の中から、相性の良い会社を選ぶコツや当サイトが選ぶ東京都の住宅メーカー又は工務店など、注文住宅の購入を予定されている方はぜひ参考にしていただければと思います。
その3「動線を意識する」
東京都で注文住宅を建てるときに押さえておくと良いポイントをまとめたサイトです。数あるハウスメーカーや工務店の中から、相性の良い会社を選ぶコツや当サイトが選ぶ東京都の住宅メーカー又は工務店など、注文住宅の購入を予定されている方はぜひ参考にしていただければと思います。
その4「収納スペースは大きくとる」
東京都で注文住宅を建てるときに押さえておくと良いポイントをまとめたサイトです。数あるハウスメーカーや工務店の中から、相性の良い会社を選ぶコツや当サイトが選ぶ東京都の住宅メーカー又は工務店など、注文住宅の購入を予定されている方はぜひ参考にしていただければと思います。