MENU

収納をスペースは大きくとる

 

間取りづくりにおいて「収納スペース」を軽視することはできません。
「これだけあれば足りるだろう」とシンプルに考えてしまっているとモノが思ったより増えてしまい収納に困ってしまった、という失敗談はよくある話です。

 

生活していくにおいて、物はどんどん増えていくものだと思っていた方がいいでしょう。

 

「どのように収納スペースを間取りに組み込んでいくのかを考えるときに
小さな収納スペースをたくさんつくるよりも、シューズクローゼット、ウォークインクローゼット、納戸などといった広くて大きい収納スペースをポイントごとに作った方が効率が良いです。

 

食料品を入れるパントリーや玄関収納、洗面収納など「あると便利」な場所につくることを考えてみましょう。

 

収納についてもう少し詳しく記事を書きました⇒収納スペースは計画的に

 

設計担当者に具体的な要望を伝えよう

 

どんなにデザイン性が高くて素敵な注文住宅だとしても、住む人のライフスタイルに合っていなかったら、その人にとって実際に良い住宅とは言えません。
そのため、住み心地を決める「間取り」のプランニングというのは非常に悩みどころですよね。

 

一般的にプロの設計士が、建主の敷地や要望に対して的確なプランを提案してくれます。
なので、建主は専門的な建築の知識を持たなくても良いのです。

 

ですが、担当の設計者というのはどれくらい私達(建主)の希望を理解してくれているでしょうか?

 

家族のライフスタイルに合った注文住宅を建てることができるように、多くの理想や要望を設計担当者に伝えましょう。

 

納スペースは計画的に
部屋の広さを決定するとき、注意したほうが良いのが「収納スペース」と「生活スペース」の割合となります。

 

生活スペースをなるべく広くとろうとし、そして収納スペースを削りすぎてしまうというのは危険です。
なぜかというと、ものは生活すればするほど増えていくからです。住み始めたときは問題がなかったかもしれませんが生活スペースに年々ものがあふれてきてしまう可能性があります。

 

例えば4人家族だったら、一般的に収納に必要であるスペースが最低でも6畳分はあると言われています。
これを目安にして、再度収納計画を見直していきましょう。

 

大型収納をメインに計画する

 

収納とはいえそのスタイルは様々となります。

 

寝室などに隣接させたいウォークインクローゼット、各居室の一般的なクローゼットといったところから、納戸や屋根裏、地下などを使った大型の収納スペース、庭に設置した物置小屋といったところもあります。

 

おすすめは「納戸などの大型収納」と「部屋ごとに必要最低限の納戸」を併用するスタイルとなります。
普段よく利用するものは部屋の納戸に、季節によって着ない服や使わないものなどはまとめて大型の収納スペースにしまいましょう。
一か所にものをまとめてしまえば、取り出すときにも家中を探し回らる必要がありません。

 

また、細かい収納スペースを数多く確保するよりもコストを抑えられます。

 

収納は動線とセットで考える

 

収納スペースというのは生活動線とセットで考えたほうが良いでしょう。

 

お風呂に入るとき、家に帰ってきたとき、掃除をするとき、などに家での行動をイメージしておき、「どんなものを使って、しまうのか」を考えておきます。
そうすると、「脱衣所にクローゼットがほしい…」「掃除用具はリビング周りに…」「ここに脱いだコートが掛けられたら…」などといった、必要な収納がとても便利な場所に配置することができるのです。

 

以外に見落としてしまいそうな部分は「玄関」です。

 

玄関は傘や靴、三輪車や子供用のおもちゃなど、比較的ものが溢れかえってしまうスペースなのです。

 

お客さんが来たときにまず初めに通る空間だからこそ、いつでも玄関はスッキリと整理整頓できるようにしておきましょう。

 

そのために、玄関収納やシューズクロークは広めにとっておいたほうが良いでしょう。
ティッシュペーパーの買い置きやペットのトイレシート、工具まですべて一か所にまとめておくことが出来るためとても便利です。

 

収納スペースの使いやすさも考える

 

収納とはいえ立派な居室空間です。
なるべく無駄がなく、かつ使いやすいスペースにしておきたいですよね。

 

例えば、壁を使ったブックシェルフを作ったら雑誌や本、CDなどを整理することが出来ます。
リビングに設置しておけば、カフェのようなステキなインテリアとして楽しむこともできるので良いですよね。

 

ここに何を置いておくのかを決めておくと、やみくもに収納スペースをとる必要がなくなります。

 

また、ウォークインクローゼットや納戸などは「人が入って作業をする空間」も必要となってくるので注意してください。
「広く見えて実は意外と収納ができない」空間になってしまうこともあります。

 

家の使いやすさを決める一つとなる収納スペース。
しっかり事前にシミュレーションを重ねて、ムダがない空間にしていきたいですね。

関連ページ

その1「間取りはなるべくコンパクトにする」
東京都で注文住宅を建てるときに押さえておくと良いポイントをまとめたサイトです。数あるハウスメーカーや工務店の中から、相性の良い会社を選ぶコツや当サイトが選ぶ東京都の住宅メーカー又は工務店など、注文住宅の購入を予定されている方はぜひ参考にしていただければと思います。
その2「始めは小さな空間は考えない」
東京都で注文住宅を建てるときに押さえておくと良いポイントをまとめたサイトです。数あるハウスメーカーや工務店の中から、相性の良い会社を選ぶコツや当サイトが選ぶ東京都の住宅メーカー又は工務店など、注文住宅の購入を予定されている方はぜひ参考にしていただければと思います。
その3「動線を意識する」
東京都で注文住宅を建てるときに押さえておくと良いポイントをまとめたサイトです。数あるハウスメーカーや工務店の中から、相性の良い会社を選ぶコツや当サイトが選ぶ東京都の住宅メーカー又は工務店など、注文住宅の購入を予定されている方はぜひ参考にしていただければと思います。